ADC Blog

adc113.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 04日

同志

今日はY150に行って、ラ・マシンを見てみなとみらいぶらぶらして、
石川町は横浜F.A.Dに岡平健治のライブに行った。

健治は19(ジューク)時代から、かれこれ10年くらいのファンである。
高校時代に「あの紙ヒコーキ~」から聴きはじめた。
大学で関東に来たとう所は、ホームシックからか毎日19のビデオ「西暦前進2000年→“大爆進映像!”」を見ていたなぁ。
サークルのバンドでもやったことあるし、健治のDVDは19、3B.LAB☆S、ソロそれぞれ持っている。
そして今は同じグループの会社で働く「同志」だ。勝手にそう思っている^^;

大学時代から色々ライブを観に行っていた自分だが、健治のライブは観に行ったことがないことに気づく。
先行予約でチケットをゲットできたので、念願の初ライブであった。

一目直に見たいだけだったが、唄がとてもよく、詩もよく、心に響いた。
唄に、曲作りに、人生に真剣であることがすごい伝わってきた。

ライブの演奏が終わった後、一人一人手紙を渡すという。
なんというファン思いの人なのだろうか!?
憧れの人に話して、握手もできることになり、韓国スターのファンで握手会に参加する母のことを思い出す。

とても緊張したが、ライブの感想と同じグループ会社で働いていることを伝えたら、
株価のことや、レコーディング、最後にはリアル同志だ!と言われ、お互い頑張ろうとがっちり握手をした!

この後、自分の運転する車で全国各地を回るツアーに出るという。(実はこれは2回目)

健治を見習って、曲を真摯に受け止め、俺も頑張らなきゃなと思った。

『生きているからね、走らなきゃいけない』
[PR]

by adachicken | 2009-07-04 22:18 | 休日 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://adc113.exblog.jp/tb/10552972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ラジオNIKKEI賞予想      優駿立ち読み >>