人気ブログランキング |

ADC Blog

adc113.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チャリ( 6 )


2015年 11月 24日

エンデューロとシャバーニと紅葉

メルボルンから無事戻ってきました。
メルボルンの主要競馬場3つ行けたし、満喫しました。
皆お洒落してドレスコードでカッコいいんだけど、競馬場の雰囲気としては今まで行ってきた海外競馬の中では一番日本に近いなと思いました。
メルボルンカップは有馬記念の日の中山競馬場のようで足の踏み場がない感じ。
詳細はネタがない月にコツコツ書いていきます。

11/14は一日中雨の中スズカエンデューロ秋という鈴鹿サーキットをチャリで走れるイベントに参加しました。
自分以外60歳オーバーのチームでした。(義理の父、父、父の友達)
怪我が心配で不参加も考えましたが、走ってから考えようということで参加。結局、最後まで走り無事怪我なく完走しました。
大人になってこんな雨の中外で運動することなんてないと思ってましたが、たまにはいいかもですね。
いややはり晴れているときに鈴鹿を走りたいです。皆もそう思ったと思います。でも鈴鹿は気持ちいいです。
半年後にまた走りたくなってしまうのです。
アクションカムで撮影したものを載せておきます。


先週は紅葉を見に東山動植物園へ。
e0099330_20575314.jpg

少し有名になったゴリラのシャバーニにも会えました。
紅葉の前に人目見ようと行ってみたら柵の前に人が沢山。
けどゴリラは誰も外にいなくて待てども出てこないからしばらくして人はいなくなり・・・
ちょうど近くのベンチで買ってきたパンを食べていたらゴリラの群れが出てきて歓声とともに多くの人が集まってきました。
白い高級なレンズを持っている人もちらほら。シャバーニは確かにかっこよく目線をくれるとシャッター音が鳴り響きました。
頭が長いといっている子供もいましたが・・・

e0099330_20581679.jpg
妻お気に入りのカンガルー。
いつもより少なくてあれっと思いましたが、建物の中でくつろいでいました。

e0099330_20582528.jpg
e0099330_20582270.jpg
e0099330_20582072.jpg
紅葉です。妻が撮った写真ばかりだと思われます。自分はうまく撮れませんでした。

そういえば秋にソニーのミラーレス一眼を購入しました。α6000というやつです。
一眼レフだと重いし、持っているニコンD300だと動画が撮れなかったので。

24メガピクセル。フォーカスが速いとのことでしたが、実際そうでした。
キットのダブルズームレンズを使用していて、被写界深度が浅くないためかピントが明らかに合っていない写真が少ない。
結婚式や競馬でも使ってみたけど、思っていたよりちゃんと撮れていました。
カメラが軽いので首からぶら下げていても気にならないし望遠レンズも小さいので気軽に持っていけるのがいいですね。
動画もAVCHDで撮影できるので編集もし易いはず。まだ編集してないのでなんとも言えませんが。
とりあえず撮れている動画は自分的に問題なし。24Pでも撮れるし。
というわけで時代は進んでいるのだなと感じました。

by adachicken | 2015-11-24 21:25 | チャリ
2015年 10月 24日

琵琶湖(北湖)一周ライド

今月初旬にロードバイクで琵琶湖(北湖)を一周してきました。

義父の趣味がロードバイクで11月に鈴鹿の8時間エンデューロに一緒にチームで出場予定なのですが、
その練習として一度琵琶湖を自分も走ってみたいと伝えたところ、何度か試走に行かれたそうで。

休む場所やおおよその到着時間、ルートまで綿密にスケジューリングしていただいて、
日没の関係から早いほうがいいということで10月4日に決行しました。

当日は朝早いので早めに寝たら1時頃起きてしまって、W杯日本ラグビーの試合の録画を観ていたら
その後寝れなくなってしまって、4時頃に出発して、滋賀の長浜豊公園に5時過ぎに到着。
少し寝て準備して6時ちょっと前くらいに出発

e0099330_10322759.jpg
Webに落ちていた画像ですが、ルートはこんな感じで反時計回りで1周。

走行距離
0km     長浜豊公園駐車場      6:00出発
              ↓   
27km    塩津街道あぢかまの里   7:11到着
              ↓
59km    道の駅しんあさひ風車村  9:06到着
              ↓
96km    びわ湖大橋米プラザ     11:08到着  昼食
              ↓
125km   彦根新海町セブンイレブン 13:12到着
              ↓
148km   長浜豊公園駐車場      14:40到着

風車村のあたりから疲れが見え始め、途中パンクや空気が抜けてタイヤが重くなるなどのトラブルなどあり、2/3付近のびわ湖大橋でだいぶ足が疲れてきて彦根を越えたあたりからスピードが落ち、
義父についていけなくなって最後はスピードを落としてもらいゆっくり走ってもらいながらなんとかゴール。

前日に30kmほど走ったもののほとんど練習していなかったせいか、100km超えてからもう
足に力が入らなくてひざも痛くなったりして、結構しんどかった。

週に何度か100km弱走っている義父は全然堪えていなかったようで、さすがだなと思い、
妻の色々なところで頑張れるのはこの血なのかと思ったりしました。
途中前に出て引っ張りたいと思ったのですが、そんな余裕もなく
ずっと義父の背中を見て走ることになりました。すごかった。

義父のサイクルメータによると
実走行距離:6時間5分 走行距離:147.72km 平均24.2km/h

JVCのGC-XA2で撮影した動画をダイジェスト編集したので載せときます。


さてさて、実は来週からオーストラリアに行きます。
妻に最後の一人旅?の許可をもらい、メルボルンカップを見に行きます。
天皇賞春の前くらいにもうチケットの手配とかしていたのですが、
今年は日本馬が二頭出走予定です。フェイムゲームとホッコーブレーヴ。
応援します。前哨戦のコーフィールドカップは悪くない走りをしていました。

オーストラリアに行くのは初めてで、5月頃に色々考えて手配したきり不勉強なので
ここでしっかり準備しなければと思っています。

また、いつかブログで報告できたらと思います。では!

by adachicken | 2015-10-24 11:08 | チャリ
2014年 05月 21日

鈴鹿8時間エンデューロ -アタック120に挑戦-

e0099330_8173790.jpg
鈴鹿サーキットをチャリで走れるイベントに急遽参加した昨年から早一年。
昨年は6時間エンデューロに参加。タスキのようなマークをつないで交代で走って周回数を他のチームと争いました。

今年も仲間で参加しようということになり、8時間エンデューロに出るのが規定路線だったのですが、どうせならもっと沢山走りたいと思い、アタック120という競技に出ることにしました。
アタック120とはソロ(一人)で約116キロ(鈴鹿サーキット20周)を5時間以内に走破するという競技です。

以前から、遠くにチャリで旅していて1日で100キロ以上走ることは経験していたので、なんとかなるだろう、とりあえず申し込んでみました。

昨年はドロップハンドルながらランドナータイプの泥除けがついた大会ではあまり見かけないチャリと乗馬用のヘルメット、サッカーのユニホームで参加した自分でしたが、今回はちゃんとしなければいけない気がしていました。

e0099330_8374384.jpg
まず、サイクルウエアが必要と思い、インターネットで前から気になっていたブランドMovistarのユニホームをネットで購入。
パンツはビブタイツという肩にかけるタイプを選んでしまい、トイレがとてもしにくい!
しかしお尻にはパットが入っていて、これでお尻も痛くなりにくくなる!とこれだけでも買った価値ありでした。

e0099330_8451591.jpg
次にヘルメット。自分は顔も頭も大きいのでヘルメットが全然似合いません。
チャリやさんで物色したらそこそこ似合うものがあっても値段が高くて迷っていました。
すると、妻の父がサイクリングが趣味なのですが、顔も頭も小さいお父さんが間違って大きめのヘルメットを買ってしまっていたようで、なんと貸してもらえました。ラッキーでした。

よしこれで大体準備は整った。あとは練習ということで3月終わりから少しずつ始めました。
アタック120は120キロを5時間で走るとなると、平均24km/hで走らなければなりません。
練習の感じだと平均速度は約15km/h、街中では信号があって停車しなきゃいけないにせよ遅い。

e0099330_8542389.jpg

ゴールデンウィークに練習で名古屋から知多半島を一周してみました。
約140キロ、名古屋を抜ければ信号も少なく停車せず走れてかなり頑張りましたが平均速度は20km/hに及ばないくらい。
120キロ走るのに6時間弱かかり、アタック120完走のハードルが結構高いのではということを認識。

こりゃスピードが足りないな・・・と思っていたところで、そういえば妻が同僚からもらったものの使っていないロードバイクを使ってみるのはどうかと思いつき、サイズは合わないかもだけどサドルを調整して乗ってみたら案外問題なし。
ロードバイクはブレーキのレバーを横にシフトすることでギアをスムーズに変えられるし、やはりランドナーより軽い、タイヤは細いのでスピードが出やすい(らしい)。
今までお世話になったライトウェイのグランドソノマからブリジストンのANCHORというシリーズのロードバイクに変更することになりました。

他にも焦って武器を揃えました。
途中で休んでドリンクを補給すればよいやと思っていたけど、できれば止まらず走り続けたほうが良いのではと思い、ドリンクホルダー2台体制にしたり、
安物のサングラスは歪むのでJINSのスポーツサングラスを購入してみたり、グローブを新調してみたり。
靴下もチャリ用のソックスを購入してみたり。

最後の手段としてビンディングシューズといってペダルとシューズを固定することで、脚を上げる時もペダルをこぐ力に変えられる武器があったのですが、ぶっつけ本番だとさすがに危ないし、調整等あるし、コストもかかるし、完走できなかったときに言い訳にもなるし・・・ということで導入を断念。

前日からパスタ、バナナを食べ、エネルギーを蓄え、ウィダーインゼリーのような補給食もそろえて大会に臨みました。

本番。なるべく体力を温存しようと試走なども特にせずスタート。
前半は力まずに同じようなスピードで走っている人の後ろに付けて風の抵抗を避けながら進む。

それにしても気持ちいい。
普段のように車に迷惑をかけないように気をつけながら走らなくて良い。
信号もない。
坂は大変だけど下り坂は50km/h近くスピードが出る。ああなんて素晴らしい。

途中、先頭争いをしている集団が自分を軽々と追い抜いていく。
全くついていける気がしないのが切ない。これマシンの性能だけじゃないはず。脚力とか半端ない。
競馬でいう第3コーナーでディープインパクトに一気に置いていかれる気持ちってこんなんかなと思う。

しかし自分のスピード的には問題なさそうだし、時間内に完走できる気がしてきた。
あとは途中で足がつらないようにセーブしながら完走できるように頑張るのみ。

後半は足も重くなり、ボトルも2本あってよかったと思えるくらい水分も必要になった。
サイクルウェアの背中にポケットがあり、そこに補給食を入れるようになっていて
そこにいれておいたゼリーを飲むと少し回復できた。

ラスト1週は鈴鹿サーキットのコースを楽しみながら、最後の力を振り絞りゴール。
タイムは3:41:28。平均速度31.46km/h。
完走した人の中では真ん中くらいの順位でした。しかし、1位の人は約1時間も早くゴール・・化け物や。

というわけで、サイクリングにはまりそうな感じです。
自分の身長にあったバイクだったらどうかなとか、ビンディングシューズ使ったらどうなるかな、とか。
サイクルグッズもいい値段して、はまると大変そうですが、一口馬主を辞めれば・・・可能かな^^;

とにかくサーキットで走るのは本当に気持ちいいです。
また参加したいなと思ってしまう、そんな大会でした。助けてくださった方、ありがとうございました。
そして、1つのチャレンジが終わりました。さあ次はトライアスロン!?

by adachicken | 2014-05-21 09:48 | チャリ
2014年 01月 11日

国道1号を巡る冒険 20130921-22

このブログを数少ない読者の皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年の自転車での旅について書きます。
以前、当時住んでいた川崎から実家の岐阜まで自転車で帰ったことがあるのですが、
その時国道1号沿いを走ることでなんとか無事に帰省することが出来ました。「川崎→岐阜チャリ自走TOUR 20090919-20」
いつかその続きがやりたいな・・・と密かに思っていて、9月の連休暇だったので続きをすることにしました。

e0099330_17473648.jpg
前回、熱田神宮で国道1号を離れ岐阜に向かったので、今回も熱田神宮からスタート。
自宅を7:00頃出発。熱田神宮に8:00頃着。旅の無事をお祈りする。

e0099330_17532033.jpg
10:00に三重県に入る。木曽川が県境らしい。
このあたりから、ロードバイクで旅をする若者2人組と抜きつ抜かれつ進む。
その後ろから一眼レフを首のかけたままママチャリのおっさんが常に30m後方を待機している展開。
同じこと考えている人っているんだなと思いながら、でもペースが狂うなぁと思っていたら、
若者二人はある地点でコンビニ休憩に入り、さようなら。
しかしおっさんは後ろからついて来る。信号待ち時もいつも30m後ろで停まっているほどの敬遠ぶり。
若者がいなくなり自分のペースが落ちたのか、突然おっさんが猛スピードで追い抜いていった・・・

e0099330_17555471.jpg
13:00頃、道の駅の関宿(亀山市)に到着。お昼に四日市とんてき定食を食べた。
関宿の町並み。岐阜の河原町に似ている。

e0099330_18174017.jpg
鈴鹿市は亀山に入る前に通過していたので鈴鹿峠ってもう過ぎたのかな?と思っていたら、過ぎてはいなかった。
鈴鹿峠は三重県亀山市と滋賀県甲賀市の境に位置する東海道の峠らしい。
緩い坂が続く・・・、しかもチャリが走れそうな路側帯がとても狭い。
箱根ほどではないもののそれなりにきつかった。日差しが強かった。

e0099330_1824332.jpg
14:20、滋賀県甲賀市に入る。滋賀はもうほとんどこういった風景が延々と続く。

e0099330_1825785.jpg
16:10、栗東市に入る。競馬ファンはテンションが上がる。栗東トレセンに寄る力はなく、京都を目指す。

大津市を越えてもうすぐ京都に入った頃には辺りも暗くなっていた。

実は宿泊先を決めていなくて大阪まで行けたら友達にお願いして泊めてもらおうと思ってたけど
そこまでたどり着くのは難しく、京都なら宿泊できるサウナもあるしなんとかなるだろうと思っていた。
3連休で観光にもベストなシーズンなのでホテルは満室だった。

19:00頃京都の街中にたどり着き、宿を探さねばと思っていたところ
伊香詰所 一泊4300円という看板を見つけた。
かなり怪しいな、と思ったけどスマホで調べたところ良さそう。
駆け込みで泊まれますか?と聞いたら、1室だけ空いていたので即決。
初日168キロ。

e0099330_18362599.jpg
伊香詰所とマイチャリ。
9/22 5:40頃出発。

e0099330_1849067.jpg
西本願寺からの朝日。出発。京都を南に下り大阪を目指す。

e0099330_18493039.jpg
7:00頃宇治川と通る。ああこれが宇治川か、と少し感動する。

e0099330_1855333.jpg
京都競馬場も見えた。
寄りたいけど・・・時間的にも空いていないしその日は阪神競馬場開催。けど、パワーをもらう。

e0099330_18544085.jpg
いつのまにか大阪に入っていて9:40頃、国道1号終点の梅田新道。ここから先が国道2号。意外とあっけなかった・・・

e0099330_1859735.jpg
何かモニュメント的なもにはないかなと探したら見つけた。

ウインズ梅田で神戸新聞杯のエピファネイアの単勝記念馬券を購入し、神戸に向かう。
実は父がこの日ラグビーの遠征で神戸で試合をしているので帰りはバスにチャリも載せてもらって
帰る予定になっていた。なので、このまま国道2号を進む。

10:50分頃兵庫県尼崎市に入る。

e0099330_1904953.jpg
12:30、ホテルオークラ神戸。思い出の地。

e0099330_1965556.jpg
13:10・・・JR鷹取駅近くのラグビーの試合会場に到着。
親父の試合はギリギリ少し見れた。到着前にトライをしたらしいけど。

正直、自分も頭がおかしいとは思うけど、こんな炎天下の中ラグビーをする
60歳以上の選手の方がよっぽどすごいやと思った。

その後、レセプションに参加し、お酒を飲み、バスで名古屋に戻る。
めっちゃ渋滞していた。名古屋駅に深夜に着き、チャリで自宅を目指す。

e0099330_19581456.jpg
iPhoneで撮影した画像のジオタグをマップに位置付け。
2日目 97キロ。
合計265キロ。

この旅でサドルのスポンジが取れて凹んでしまったので、今日サドルを新調。
ブレーキの利きも悪かったのでブレーキパッドを交換してもらった。

次はどこに行こうかな~。

by adachicken | 2014-01-11 19:29 | チャリ
2011年 04月 30日

東京湾一周チャリ旅

e0099330_20335211.jpg
↑旅の軌跡。iPhoneで写真を撮ってそのGPSデータから作成。これがどうしてもやりたかった。

以前、川崎から岐阜まで440kmを二日で走破するという荒業をやってから一年半、
再び挑戦してみました。ただ、今回はちゃんと一日100km前後になるように考えて日程を組む。
e0099330_20374172.jpg

最初の目的、昔住んでいた横須賀で引っ越す前に知ったお店、北久里浜「旬魚屋」のかき揚げ丼を食べる。
まず、店がまだあるのか怪しかったけど、存在していて味も変わらずだった。
こんな美味い店はなくならないよね。
e0099330_2004573.jpg
第二の目的、東京湾フェリーに乗る。でっかい船の屋上で猛烈な風と水しぶきを体感。写真は愛車「グランドソノマ」。
e0099330_2005113.jpg
やっぱり千葉ってほとんど田舎だと思いながらひたすらこいで、初日137.58キロ。結構しんどかった。
初日ここまで頑張ったのも大学時代に何かのご褒美、また社会人になってからは千葉に行ったらまず向かった西千葉「佐平」に行くため。
海鮮丼2500円(2011.04現在)という破格の値段のため、修論発表後初めて食べて、以来これしか食べてない。
大学、会社の先輩と待ち合わせして海鮮丼を食べる。うまかった。
その前には研究室にもお邪魔しましたが、場所も雰囲気も変わらず、ただ若い女性の助教授がいて驚いた!
e0099330_2005654.jpg
次の日はもう帰るのみだと思ってたけど、千葉の海岸沿いはチャリをこぐにほんと気持ちよくて、いいとこかもって改めて思った。
ジェフの本拠地フクアリや千葉ロッテのQVCマリンなど通過。途中液状化現象した場所も見た。
写真は東京 ラーメンってざっくり検索したら発見した新木場「麺屋吉左右」。
これは本当に今までのラーメンという常識を覆されるほど洗練されているので、一度並んでも食べておいて損はないと思った。
e0099330_20314915.jpg

近くにブザービートで有名になったロケ地があった気がして探す、多分これだってのを見つけた。
e0099330_2014868.jpg
帰ってきて画像を検索したら、やっぱそうだった。ここで山Pや北川景子がロケしてたんだなって、ちょっとたたずむ。
e0099330_202044.jpg
その後、ちょっと雨に打たれたりしたけど、用なしと思っていた雨着などに助けられながら無事帰着。
2日合計218.38キロ。頑張ったな~って思った。

ただ、チャリはそこまで疲れずに色々まわれるから趣味としてほんと良いなと思った。
twitterでも、写真撮るたびつぶやいちゃったかど、位置情報とか載せれて楽しかった。
フォロワーの方にはご迷惑をおかけしました。

ここまではほんと計画通りだったんだけど…

夜は少人数飲み会に誘われてて、ちょっと時間あるからって昼寝したみたら
約束の時間の1時間半後に起きて慌てて渋谷に走って向かって、迷惑をかけてしまった^^;アホだ。

ではでは、これからしばし実家帰ります。

by adachicken | 2011-04-30 20:27 | チャリ
2009年 09月 22日

川崎→岐阜チャリ自走TOUR 20090919-20

前々から一度挑戦したいと思っていた、チャリで実家に帰ることを実行した。
予定していた旅行がなくなったこと、9月の連休、気候、今後のことを考えると今しかなかった。

前々日に親に相談して、当然のごとく反対されたけど…
前日に飲み会のために待ってくれていた先輩にふとこの計画を話したら、
昔似たような経験をしたらしく、一気にやる気になった。

以下、一連の流れ。

9/19(土) くもり
0:30 就寝

3:30 起床 自然に目が覚めた。準備開始。

5:30 出発 川崎市の寮から旅立つ。

6:30 横浜駅通過

7:40 藤沢市突入

8:10 茅ヶ崎市突入 サーファーが多い。休憩しがてら浜でゆっくりする。

9:40 小田原市突入

10:20 小田原駅付近で月のうさぎ、守屋のパンを食べる

11:00~14:00 箱根の山登りに苦しむ。予想以上に長い。何度も引き返そうと思った。
辛そうな顔をしていたらおっちゃんが、「あと少しで頂上だよ!」と声をかけてくれた。
実際、そこにあったのは国道1号最高地点874mの標識。とても感動する。
山の神はすごいと改めて実感した。もう箱根の山は二度と登りたくない。

14:30 静岡県突入 下り坂がとても気持ち良かった。

16:20 富士市突入

17:30 静岡市突入 暗くなってきたのに国道1号のバイパスでチャリが通れず
立ち往生。本気で野宿を考えるも、行き止まりっぽいところで歩行者用の道を発見。安堵する。

19:30~20:30 清水駅を越えたところで奇跡的にチャリ屋さんを発見する。
この旅で改めて装備が足りていないことを痛感したので、装備を追加する。(ドラクエみたい)
1.後方に点灯するランプ 2.ペットボトルホルダー 3.手袋(ハンドルの握りすぎで手がすごく痛くなる)
4.サドル交換(おしりが異常に痛い。これは予想していたけどね)
他にヘルメットやパンク修理キットなどもっと必要なものもあったのだけど^^;
自分の状況を説明したら、店員さんやお客さんまで応援してくれた。

21:30 静岡駅到着。静岡発B級グルメ「カボ茶カレー」を食べる。
他、静岡駅周辺を観光。めっちゃ栄えているし、可愛い女性が多いという噂は本当であった。。

23:00 24時間サウナに到着。明日も早いため風呂入って寝る。

1日目 走行距離 201.5km
(普通ツーリングする人は1日100kmほどしか走らないらしい!?)


9/21(日) 雲ひとつない快晴!日焼け止め塗らず…日光にあたりっぱなし。
6:30 出発 途中、すき家で朝飯。

9:10 掛川市突入

11:00 浜松市突入

11:40 浜松駅到着 アクトシティーホテルの高さに驚く。
せっかく浜松まで来たので、うな重を食べる。

13:50 浜名湖の弁天島に立ち寄る。

14:40 愛知県豊橋市突入 このころから右膝が痛み出す。スピードダウン。

16:50 岡崎市突入 食事も喉を通らなってきたため、ウィダーインゼリーなどでエネルギー補給。

18:00 知立市突入

19:10 名古屋市突入 名古屋に泊まることも考えたが…

21:00 熱田神宮にて参拝。旅の無事を祈る。

22:40 ついに岐阜県突入。感動…

22:55 実家着!

2日目 走行距離 241.85km
トータル走行距離 443.19km


現在は火傷のような日焼けと、両太ももの強烈な筋肉痛と戦ってる。

こんなアホなこと、今しかできないと思うから、やってよかったと思う!
少ない睡眠時間と飯を食べるとき以外は、ひたすら前への精神で走り続けた。
少し自信がついたし、何か自分の勲章が増えた気がする。
チャリにもほんと感謝している。最後まで頑丈だった!

けど、チャリはどうやって関東に持っていこうか?
またチャリ戻るのは絶対にやりたくない、ハードすぎる!
普通に送ると1万円以上するらしい…片道の新幹線代やん(笑)

けど、それでもやってよかった、今回のチャリ旅でした。
無事で帰ってこれて本当に良かった。

ここまで、長文を読んでくださった皆様、ありがとうございました☆
e0099330_1475732.jpg


by adachicken | 2009-09-22 01:33 | チャリ