人気ブログランキング |

ADC Blog

adc113.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 20日

愛馬エタンダールが菊花賞に出走します。

e0099330_5355296.jpg
いよいよ明日は京都競馬場にて菊花賞。クラシック三冠目。出資馬エタンダールが出走予定です。

エタンダールは新馬勝ち、山吹賞勝利で口取り写真撮影、青葉賞二着からの日本ダービー出走、そして菊花賞出走と
一口馬主として申し分ない成績、そして貴重な経験をさせてもらっています。

日本ダービーに出走していた多くの有力馬がケガで出走できず、菊花賞に出走馬の関係者は
皐月賞馬ゴールドシップという強い馬がいるけど、自分の馬にもチャンスはあるのでは?
と思っているはず。

ダービー馬ディープブリランテも最終追い切り後に脚部不安→屈腱炎(競走馬の不治の病)になるとは、本当に難しい世界。
ディープインパクト自体はケガの少ない馬でしたが、仔はケガになる馬がなぜか多いような。

そんななかディープの仔エタンダールは菊花賞の前哨戦セントライト記念で後ろから追い込んで4着。
松岡騎手の消極的なレースで賛否両論あったレースでしたが、
同じ京都の長距離戦、天皇賞・春をマイネルキッツで勝っている騎手。
前走のこともあり今回は思い切って乗ってくれるはず。
エタンをダービー出走に導いてくれた騎手なので自分は一生頭が上がらないです。

何より、エタンがひと夏を越えても実力が衰えていないことに安堵しました。

同い年の世代と走る最後のレースとしても今回が最後で、今後GⅠに出るには更なる活躍が必要となってくる。
実際、今回が最後のチャンスだと思ってます。

夏をゆっくり休んで前哨戦で掲示板確保した馬はゴールドシップとエタンダール、ロードアクエイムくらい。
天敵フェノーメノ(エタンは三連敗中)が来週の天皇賞・秋に回ったのがさらに良し。

2勝目を上げた山吹賞や青葉賞のような、最後の直線で併せ馬のような形で
上がってくるような競馬をしてくれれば良いなと思っています。

菊花賞、口取りの権利は取れずに残念ではありますが、愛馬の雄姿を一目見るため
日曜は京都競馬場に向かいます。頑張れエタンダール!





by adachicken | 2012-10-20 06:13 |
2012年 10月 10日

凱旋門賞2012回顧


凱旋門賞、オルフェーヴル2着。

ディープインパクト以来の地上波での放送で、競馬を見たことがない人にも見てもらえたのかな。
このブログで興味を持ってリアルタイムで見た人が一人でもいれば嬉しいです。
競馬はギャンブルな要素だけではないってことが伝わればなと。

私は高校以来の競馬友達と北海道旅行中で一緒に観戦しました。
ゴールまで残り200~300mでついに日本馬が勝つ時が来たと喜んだのもつかの間、
ゴールが残り50mのところだったら・・・残り10mくらいで勝ち馬に抜かれて2着。

直線で一回完全に抜かした馬に抜かされる競馬ってオグリキャップのマイルCSくらいしか知らない。
それだけ異例な事が現実に起きてしまった。

競馬ってほとんどの場合、勝ち馬以外は悔しい思いをするから、厳しい世界。


ここからは、個人的見解です。

直線まではとても巧く運べてたし、ゴーサインを出すのも悪くなかったと思うけど、
タラレバを言えば・・・

ジョッキーにはオルフェをまっすぐ走らせてほしかった。勝ち馬はちゃんと走ってる。
それもオルフェーヴルの一瞬の脚が凄すぎて、他の馬を置き去りにできたんだけど、
馬場が重すぎたのか、すぐ脚が上がってしまったんだと思うし、
併せ馬のような状態で行ければ、内に切れ込むこともなかったと思う。
そもそも前日から雨が降らず、馬場状態が良かったら。。

調教師が技術が足りなかったと言ったのは、まっすぐ走らせる基本的なことが
できていないことを言ったのでは?と思うけど、調教ではそこまで強い負荷をかけないだろうし、
やはりジョッキーの腕にかかってると思う。折り合いをつける技術はさすがやったと思うけど。

勝ち馬のジョッキーであるペリエは日本で最初に日本で成功した人で
凱旋門賞に勝つためにはといった記事をスポニチに掲載するくらい日本になじみがある。
これで凱旋門賞4勝目。
最後の追う技術とムチの使い方が凄い。ジャングルポケットのジャパンカップを思い出した。
ペリエが乗っていたらなど考えてしまったり。

ディープインパクトの時の経験を活かして、前哨戦を使ったり、ペースメーカーを用意したり、
現地のジョッキーに騎乗してもらうなど、勝つための条件は揃えているけど、
やはり全てが噛み合わないと勝てないのが凱旋門賞なんやと思います。

凱旋門賞に勝つために似たような馬場の競馬場が日本でも必要なのでは。
ヨーロッパと日本では馬場が違いすぎるって、気候的なものでしょうがないかもしれないけど、
芝の長さなどは合わせられるんじゃないかな。

あと、右回りで府中並みに長い直線のある競馬場が必要かと。
京都の外回りでさえ403m、凱旋門賞の533mに130m足りない。

何より今回の経験を元にオルフェーヴルがまた来年挑戦して、
今の力が維持できていれば次こそは勝てると思います。

凱旋門賞に日本馬が勝ってしまったらどうなるのだろう、競馬見なくなっちゃうのかなという
変な不安もあったけど、もうそんなのどうでもいいんで、早く勝つところを見たい!

以上、終わります。

by adachicken | 2012-10-10 23:05 |
2012年 10月 05日

日本馬、凱旋門賞制覇へのカウントダウン。

日本最強場オルフェーヴルが挑む凱旋門賞が日本時間10/7(日)深夜に迫ってきました。
フジテレビ系列局で地上波放送されるみたいです。

なぜ世界のホースマンが凱旋門賞を目指すのか・・・賞金は高額な上に繁殖としての価値が高まる。
ダービー、オークスよりも価値があるそうだ。

日本馬もこれまでに何度も挑戦し、最高で2着。それが2回ある。
その2頭とも同じ調教師、同じ騎手であって1999年のエルコンドルパサーと2010年のナカヤマフェスタ。
エルコンドルパサーの時は高校生でそれはそれで興奮したけど、ナカヤマフェスタの時は初めての凱旋門賞観戦だったので、
それはそれは競馬人生の中でも最も興奮した瞬間でした。


あの有名なディープインパクトでさえ、3着(失格)。
今回、挑戦するオルフェーヴルはディープの調教師の息子が管理する馬で
父も母の父も父が管理した馬。まさに日本の血統の馬。

オルフェーヴルをこの馬本当に強いと思ったのは初めて上の世代と戦った有馬記念。
ディープでさえ三冠達成後の有馬記念で2着に敗れたのにオルフェは有馬を勝った。


この強さを出せれば凱旋門賞を勝てると思うんだけど・・・
しかし、今日発表の枠順でなんとなんと大外枠。
凱旋門賞はなるべく直線まで距離ロスをなくしてスタミナを溜めないと厳しい。
凱旋門賞はまさに各国の代表馬による戦争。位置取りも相当熾烈。
オルフェも外枠であまり成績が良くない。

昨日まではオルフェに追い風は吹いていて、昨年3着のスノーフェアリーが脚部不安で回避したのを皮切りに
昨年優勝し今年のキングジョージも制覇した名牝デインドリームがドイツで伝染病が発生したためフランスに行けなくなってしまい出走不可に・・・
昨年のキングジョージを制し、今年二着のナサニエルも熱発。

しかし、出走するかギリギリまで分からなかった今年の英2冠馬3歳馬キャメロットが
世界一のジョッキーであるデットーリと共に参戦。

凱旋門賞は負担重量が3歳に有利で3歳牡馬56キロに対して、4歳以上が59.5キロ。
エルコンドルパサーもナカヤマフェスタもディープインパクトの時にも勝った馬は3歳馬だった。

キャメロットとオルフェとの一騎打ちになりそうな予感・・・
キャメロットの父はエルコンドルパサーの時の勝ち馬モンジュー。(ちなみに愛馬エタンダールの母の父)

他にも今年の仏ダービー馬サオノアも前哨戦ニエユ賞を勝って、追加登録料1000万を払って出走。
馬主はパン屋さんらしい。ギリギリまで出走させるか迷ったんだろうな、1000万だもの。


ダビスタで凱旋門賞が海外のレースの中でも一番すごいってことを学んで、大学でフランス語を選択し、
一昨年、昨年と凱旋門賞を観戦、昨年はシャンティやサンクルー競馬場に足を運んだものの、
クレジットカードを使えなくし、帰りの飛行機にも乗り遅れた自分は、パリに怖いイメージを持ってしまい、
今年は行くのを断念。今年こそ行くべきだったけど、テレビ観戦。現地は日本人沢山いるんだろうなぁ。
自分より競馬好きな人はもうほんとたくさんいるんです。

実は明日から久々の北海道馬産地巡り。月曜日にはオルフェーヴルの父のステイゴールドに会える予定。
吉報を届けられると良いなぁ。つか、絶対勝ってくれ!オルフェーヴル!

競馬のオリンピックを皆で応援しましょう!日本競馬界の悲願です!

by adachicken | 2012-10-05 22:07 |